loading...

ソリューション事例生産・物流拠点の統合と代理購買

煩雑化していた生産・物流の拠点を一元化。
仕入れから購買までサポートすることで、大幅な管理工数の削減に成功。

  • ご相談の概要

    映像機器メーカーさま

    ビデオ編集機器、コンピュータ周辺機器の海外メーカーさま。生産現場と物流拠点が別れていることで、様々な管理工数が掛かり膨大な時間と労力を割いていた。また仕入れ先の管理が煩雑で、情報の収集もタイムリーで正確さに欠けることでも管理工数増大の原因になっていた。

  • 導入効果

    • 工数削減

    • コスト削減

    • 効率化

    • 納期短縮

    • 資金活用

  • お客さまの課題

    • 生産と物流拠点がバラバラ
    • 横持ち運賃が発生してしまう
    • 生産から発送までのリードタイムが長い
    • 複数仕入先のコントロールに工数がかかる
    • 委託先から正確な情報がタイムリーに提供されない
  • ソリューションにより
    実現したこと

    • 生産、在庫、物流拠点を一元化
    • 拠点統一による横持ち運賃の抑制
    • 生産から発送までをフレキシブルに対応
    • 代理購買によるサプライヤー管理工数の削減
    • 大型機器向け梱包資材の設計・調達
    • 在庫情報などお客さま情報の見える化
  • 生産(機器組立)拠点と物流拠点を統一することにより、横持ち運賃と委託費用の削減を実現。同時に受発注管理や情報のリアルタイム化を推進しつつ、代理購買サービスをご利用いただくことで、部材/資材代金の支払いや納期管理などの工数削減も可能としました。